歯のホワイトニングと健康

うぃとん   2016年3月10日   歯のホワイトニングと健康 はコメントを受け付けていません。

歯のホワイトニングは今注目されているものでありますが、これは健康に対して何かしら影響があるものでしょうか。

さわやかな笑顔があったとしても、そこから見える歯が見えることは、海外ではエチケットとして定着しているところがあります。

日本でも、ここ数年で歯を白くするという意識を持った人が増えてきているのです。

しかし、通常の歯磨きだけで歯を白くすることは色々な絡みもあって難しいとされています。

ホワイトニングのメリット

そこで最近人気なのが、歯の表面に薬剤を塗布することによって歯を白く見せるタイプのホワイトニングです。

当然ですが、これは健康に対して悪影響はありません。

むしろ、ホワイトニングは良い影響を与えることが多いですし、メンタル面に対しての健康効果が大きいとされています。

歯が白いということは、その人を若々しく見せてくれますし、会う人に対する印象も良くしてくれます。

当然、本人もそうしたことから自分に対して自信を持つことができるわけです。

変色してしまう原因

どうして歯が変色するかについてですが、一番多いのは食品の色素が浸透してしまう場合です。

歯のエナメル質は、何百万本という半透明のガラス繊維のような柱が重なってできているものです。

ですから、その柱の間に入り込んだ色素は歯磨きで取り除くことができないと言うわけです。

食器をいくら毎日きれいにしていても、漂白しなければ白くならないのと同じことなのです。

煙草のヤニも同じように着色の原因となってしまいます。

また、加齢も当然個人差はありますが、歯の色が変わることの原因となります。

自分自身の要因も

遺伝的に黄色のような歯を持った人もいます。

こうした場合は予防自体が難しいですから、ホワイトニングを受けることになるわけです。

また、歯の内部構造にも原因はあります。

例えば歯の病気、何かしら外傷ができた場合や薬の副作用によって歯が変色することもあり得る話なのです。

こうしたときに行うのがホワイトニングなのです。

ホワイトニングの出番

ホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素などの薬剤を使うことにより、歯のエナメル質にある色素と結びつきを持たせて着色物を無色透明に分解するというメカニズムなのです。

前述のとおり、健康に対しては被害がありませんから、どうしてもホワイトニングに興味があるのならば、一度歯科医に行って相談をしてみるといいでしょう。