液体の歯磨き粉を使ったホワイトニング

うぃとん   2016年3月10日   液体の歯磨き粉を使ったホワイトニング はコメントを受け付けていません。

市販の歯磨きを使って歯のホワイトニングができないか、ということを考えてみます。

歯を白くしたいけども、ホワイトニングの施術を受けるまではないと言う方も多いのですが、果たして市販の歯磨きを使うことによって歯を白くする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

市販の歯磨き粉でホワイトニング

ちなみに、アメリカの場合だと、歯磨き粉に対してホワイトニング剤を入れることが認められています。

ですが、日本では法律の関係で市販されている歯磨き粉に対してホワイトニング剤を入れることはできません。

これは、日本人の歯と歯の間に虫歯が多いことが理由になります。

虫歯にホワイトニング剤を付けてしまうと、強い痛みが出てしまうことがありますから、海外製品を使う場合には医師の診断を受けることが大切ですし、指導もしっかりと受けてから使用することが望ましいです。

歯の表面をきれいにする

最初にすることは、歯の表面にこびりついた色素を徹底的に取り除くことです。

歯の表面に色素がある場合、ヤニを取るための研磨剤が荒い歯磨き、クリーナー、歯の消しゴムなどを使うことによって歯を白くすることができるのです。

こうしたものについては、色素の除去機能も薄いことから、エナメル質が薄くなってしまうことから1か月に数回にとどめておくといいでしょう。

歯を白くすると表示された製品

それから、歯を白くすると表示された歯磨きを使って磨くのもいいでしょう。

近年では化学的に色素を排除することができる成分が配合されているものが人気です。

これについて両方をどちらも同じ日に行うといいでしょう。

たとえば、歯を白くするホワイトニング歯磨き情報サイトを参考にしてみるのも良いと思います。

また、知覚過敏用の歯磨きを使うのも効果的です。

研磨剤も少ないですし、歯の表面もつるつるにしてくれる効果があります。

日常的にこれを使うことによって、歯を傷つけないで済みますし、色素も付きにくくすることができます。

それから、液体歯磨きなどの研磨剤が入っていないものも有効です。

歯科医院においては、日常の歯磨きにおいては、エナメル質を傷つけないノンペーストブラッシング、あるいは液体歯磨きを使うことを推奨しています。

これらの手順を定期的に繰り返していくことにより、歯の表面に色素が付きにくくなるのです。