ホワイトニングと歯磨き粉の関係

うぃとん   2016年5月12日   ホワイトニングと歯磨き粉の関係 はコメントを受け付けていません。

ホワイトニングをしてみたい、でも歯医者に行くのは面倒お金が高いのも嫌だと言う人もいると思います。

そうしたとき、もしかしたら歯磨き粉でどうにかならないかと思ってしまうこともあると思います。

そういう時にはホワイトニング歯磨き粉を使ってみるのもいいと思われます。

手軽に始められるホワイトニング歯磨き粉

市販されている歯磨き粉でホワイトニングができると言うものは、大体色素が分解可能な成分が配合されているものです。

主に研磨剤と呼ばれる、歯の表面に付着したステインや着色を落とすことができる成分が入っているものです。

これによって歯に付着したステインや着色が落ちることにより色が白くなったことが実感できるわけで、実際に白くなったわけではありません。

用途として用いられるのは、ホワイトニングの後です。

ちなみに、海外では歯磨き粉にホワイトニング剤を使うことが認められているのですが、日本ではまだ認められていないのです。

消しゴムタイプの着色落とし

ホワイトニングの歯磨き粉にはその成分が入っているわけではないですが、自宅でできるセルフホワイトニングの方法があります。

まずは市販されている消しゴムタイプの着色を落とせるものを使用して気になる部分を磨きます。

この時、磨きすぎには気を付けること、週に1回くらいにとどめておくといいでしょう。

それからホワイトニング作用のある歯磨き粉で丁寧に歯を磨きます。

フッ素ジェルで修復

それから、再石灰化を促す効果のあるフッ素ジェルを用いるのです。

歯磨き粉には少なからず研磨剤が含まれており、これにより着色は落ちますが歯の表面を傷つけてしまいます。

ですから、フッ素ジェルを使うことで歯の石灰化を促して歯の表面を修復してあげるのです。