タバコとホワイトニングについて

うぃとん   2016年5月5日   タバコとホワイトニングについて はコメントを受け付けていません。

タバコを吸う人がホワイトニングをした場合、果たしてどのくらいの効果があるのでしょう。

喫煙者がホワイトニングをした場合、果たしてどのくらいの効果が期待できるのでしょうか。

ホワイトニング効果が帳消しに?

ホワイトニングを希望する人のほとんどは、歯の着色が気になると言う人です。

この着色の原因には、タバコのヤニが含まれています。

要するに、ホワイトニングをして歯を白くしようと思っていても、タバコを吸うことでそれが無駄になってしまう可能性があるのです。

歯科医院では、ホワイトニングをする前に、タバコはやめた方がいいとアドバイスをされることがあります。

ただ、ホワイトニングをしたけどもタバコを吸いたいという人もいると思います。

やはり禁煙がベスト

ホワイトニングをしている歯科医では、ホワイトニングをした後の30分までは喫煙や飲酒を避けるように、ホワイトニングの後1時間は飲食や喫煙を避けるように言われることがあります。

どうしてもタバコを吸いたいのならば、この点を踏まえてみるといいでしょう。

ただ、ホワイトニングをしているときに喫煙をした場合、歯が全く白くならないということはありません。

あくまでもタバコの色素の影響を受けることにより、歯が白くなりにくいと言うことです。

もしも本気でホワイトニングをしたいと思っている方は、一度禁煙を試みた方がいいかもしれません。

もし吸ってしまったら

ちなみに、ホワイトニングの後のことですが、タバコを吸ってしまった場合、すぐに歯を磨くことを心がけるといいでしょう。

それだけでも色を落とすことができます。このことを心がけるだけでもずいぶん違うことを頭に置いておくといいでしょう。

タバコを吸ってしまった後の対策として覚えておきましょう。

それから、これ以外にも定期的なメンテナンスを受けることにより、白い歯をキープできることも同時に覚えておくといいでしょう。