うがい薬で歯を白くできるのか

うぃとん   2016年3月10日   うがい薬で歯を白くできるのか はコメントを受け付けていません。

とても便利なうがい薬。

最近では様々な成分が入ったものが販売されているわけですが、市販のうがい薬を使うことによって歯を白くすることはできるのでしょうか。

うがい薬で?

そもそもうがい薬は、口の中を洗浄するためにある液体です。

歯の汚れを落としたり、虫歯になりにくくすることが目的であるため、口の粘膜や歯に対しての刺激物が含まれているようなことはありません。

細菌を殺すなどの効果を望むくらいはできますが、こういう用途であるがゆえに、うがい薬に対して歯のホワイトニング効果を期待することは難しいと言えるでしょう。

ある意味では

歯に色がついてしまうのには歯石や歯垢も含まれてきます。

うがい薬を使うことによって、歯石や歯垢がつきにくくなる効果もありますから、そういう意味では歯のホワイトニングの効果があると言えるかもしれません。

歯垢や歯石の場合、着色性の物質が付きやすい性質がありますから、それを貯めこまないことが大切ですし、そのためにもうがい薬は使って損はないと言えます。

また、歯周病や虫歯の予防にもなりますから、そうした面でも使って損はないでしょう。

注意しましょう

ただ注意したいのは、うがい薬を使った場合、それだけで口の中がさっぱりしてしまうことがあります。

その場合には歯磨きがどうしても適当になってしまう可能性がありますから、その点だけは注意しましょう。

もしもお金をかけずに歯のホワイトニングを気軽にしたい場合、ホワイトニングの歯磨き粉を使うのも一つの手です。